どの街角にもみんなを見守る看護師がいる

初めての看護師の転職で役立つ基礎知識

看護師のキャリアアップの道

自由の女神看護師のみなさんはどんなタイミング、どんな人生の転機に転職を行っているのでしょうか?
看護師がより良い勤務条件で働くためには、必要に応じて転職を決断することが重要です。
重視すべきポイントと、職場の選び方を考えてみましょう。

子育て支援が充実している環境を重視する転職

新しい仕事を探すためには、計画的に準備をしてワークライフバランスが実現可能な求人情報を厳選するべきです。
特に初めて転職を考える看護師は20代後半から30代前半にかけての人が多いので、結婚や出産などの将来設計を考えて仕事を選ぶのがポイントです。
そのためには子育て中でも看護師として働けるような、支援体制の充実した病院の求人を選ぶのが最も一般的なスタイルです。
特に院内託児施設の充実した病院の仕事を選ぶことで、子供が生まれた場合でも、退職せずに継続的に働くことができます。
また子育て中のナース向けに、日勤限定の配属先が選べる求人も魅力的です。

看護師のお仕事探し→看護師求人のナースキャリアチェンジ

スキルアップを重視する転職

そして転職を考える場合には、働きやすさと同時にスキルアップを重視するのが理想的です。
そのために求人情報をチェックするときには、個別に医療機関の教育と研修体制の内容を比較するべきです。
特にプリセプターシップを導入している医療機関であれば、年齢や経験に合わせて最も適した教育が受けられます。
したがって働きながら、効率的にスキルアップが実現できます。

働きやすい職場を重視する転職

そして求人情報をチェックする場合には、収入と福利厚生を重視すると同時に、平均勤続年数の長さも重視するのがポイントです。
特に20年以上働き続けている人が多い職場や、定年まで働いている人が多い職場が理想的です。
そして福利厚生に注目する場合には、一人一人のニーズに合ったメニューが充実していることが最も重要です。
その中でも住まいの確保が最も重要だと考える人が多いので、職員向けの宿舎の充実や住宅手当の支給に注目して仕事を選ぶのが理想的です。

看護師に成り立ての若い頃と、子育てを重視する時期、キャリアアップを狙う時期など、人生の時期に応じて転職で重視すべき条件は変わってきます。
サンプルを元にあなたの転職をいっしょに考えていきましょう。

新しい看護師求人ガイド