介護職でも頑張る看護師の転職を考える

看護師は国家資格です

ミニチュアのカラフルタウン看護の専門学校や大学などで看護の知識を学び、国家試験に合格することで資格を得ることができます。
また、高校の衛生看護科を卒業して准看護師の資格を取ることもできます。
看護師の資格と取った後さらに進学して保健師や助産師の資格を取る人も多いようです。
仕事内容は患者の診察や治療の補助や患者の介護、ケアなど多岐にわたります。
患者の脈や血圧、体温などを確認したり、注射や採血、点滴などの補助も行います。

看護師は介護職でもあります

入院患者の世話をするのも仕事です。
食事や入浴の介護、ベッドメーキングなども行います。
大きな病院では手術の補助などの専門的な仕事も行っています。
手術の準備や執刀医へ器具を渡したりといった仕事です。
病院だけでなくクリニックや保健所、介護施設、老人ホームや訪問介護など、様々な場所で活躍できるのが特徴です。

高齢化の影響で介護施設での需要が高まっています。

夜勤などもあり大変な仕事ですが、患者に頼りにされるやりがいのある仕事といえます。
女性の多い職場で90パーセント以上が女性です。
平均的な一般職の女性よりも給与が高いのも特徴です。
平均月収は30万円で平均年収は470万円ほどだといわれています。
求人に対して不足しているのが現状で、転職しやすい仕事です。
資格を持っていれば結婚や出産で一度職場を離れても再就職しやすいので、一生働くことができます。
転職には専門の求人サイトが数多くあり、様々な地域の求人情報を見ることができます。
正社員だけでなく派遣社員やパート、単発などいろんな求人募集があるので希望通りの求人を探すことができます。
短期間や短時間だけ働きたい場合などに便利です。
時給も高く設定されていて、平均時給は2000円近くになります。